川内かまぼことは

cb7a4032.jpg

海外貿易の盛んな江戸時代に、

地元の漁師が丸めて茹でられた魚で

「はんぺん」を作ったことから始まりました。

一説には、

貿易時代に海外人に生魚の代わりに

かまぼこにして食べさせていたのが

「川内かまぼこ」の始まりとも言われています。

 

板につけるのではなく、ストローですり身を巻く、

「スボ巻き」スタイルが川内かまぼこの特徴です。

平戸瀬戸近海で獲れる新鮮な魚を原料とする

「川内かまぼこ」を一度ご賞味ください!